FC2ブログ

旧湧網線を歩く(5)佐呂間駅

8月24日(土)の続きです。
今回の記事のタイトルは「旧湧網線を歩く(5)佐呂間駅」ですが、これは昨年、網走から常呂までのウォーキングの続編という扱いのためですので、あらかじめご了承ください。
旧湧網線は3年計画で踏破するというのが我々仲間の目標となっており、従って、来年の夏も佐呂間から中湧別まで歩くという予定を組んでおります(笑)。

さて、遠軽で特急オホーツク1号から下車し、一路佐呂間町に向けてタクシーで出発しました。
下車したのは、佐呂間町の中心部です。

ここには、旧佐呂間駅を使用した鉄道記念館があります。
DSC_1321.jpg

記念館の横には、蒸気機関車D51やディーゼル機関車DE10なども静態保存されています。
DSC_1319.jpg
DSC_1320.jpg

この鉄道記念館、元の佐呂間駅の駅舎を曳家で現在地に移転させたということでありまして、近くの「食事の店 かたひら」で、店主さんに言うと鍵を開けてくれます。

着いたのが丁度お昼ということで、ここで食事にしてから見学することにしました。
これから夕方まで歩くので、ちょっとボリュームがあっても大丈夫(笑)。
DSC_1302.jpg

食事を終えると、早速中の記念館に。
正面の入り口は普通に入ることができて、ベンチで休むことができるのですが、展示室に入るには鍵が必要です。
「かたひら」のご主人が中を開けてくれた上、当時の様子についてもお話してくれました。

「佐呂間驛」の駅名標は、木彫りだったんですね。
DSC_1315.jpg
DSC_1308.jpg

湧網線の当時の時刻表です。
下り6本、上り7本というのは、当時の国鉄のローカル線としては、標準的なダイヤのように思えます。
名寄本線の支線である湧別や終点の遠軽まで運行していた列車もあったんですね。
DSC_1313.jpg

当時の備品です。
切符に押すスタンプが色々ありました。
北海道~本州間は、それなりに鉄道もシェアを占めていた時代につかわれていたようで、青函連絡船を受ける本州側の特急「ゆうづる」「はつかり」なんかのスタンプもあって、そこそこ使用感もありました。
DSC_1310.jpg
DSC_1305.jpg
DSC_1303.jpg
DSC_1317.jpg

「かたひら」のご主人にお礼を申し上げ、しばしベンチで休むことにしました。
折悪しく強めのにわか雨となり、我々ウォーキング部隊としては「テケミ(天候険悪運航見合せ)」とせざるを得ない状況で、小一時間のインターバルとしました。
・・・夕方までに浜佐呂間に着くのかなぁ(苦笑)。

天気予報の雨雲レーダーとにらめっこ、14時には「出航」できそうなくらいまで天候が回復しました。
元の駅跡に置かれた9600形蒸気機関車の動輪を見てから出発です。
DSC_1324.jpg

浜佐呂間まで15キロくらいなのですが、如何せんお天気がヨロシクなさそう…無事に着けばいいな。

鉄道コムバナー

スポンサーサイト



オホーツク1号の前面展望です。(3)

遠軽という目的地に着く前に、まだ列車の旅が終わっていません(笑)。
・・・というわけで、旭川を3分ほど停車した後、石北本線に入っていきます。
相変わらず、上川盆地は雨降りです。
DSC03258.jpg
DSC03259.jpg

旭川四条、新旭川と通過し、いよいよ宗谷本線と分岐します。
DSC03260.jpg

・・・ここで、ビール効果のため、居眠りしてしまいました。
上りのオホーツク2号とはどこですれ違ったんでしょうかね…?
気が付けば上川駅、外国人のお客さんが乗って来て、1号車指定席はどの2人がけシートにもお客さんが乗っている状況となりました。
ちなみに、友人の指定席は私の後ろの16A。
敢えて前後に指定席を取り、他のお客さんが来なければボックスシートとして使ってやろうという魂胆でありました。
結局、そんなことせずに、最後まで最前列かぶりつきだったのはご愛敬(笑)。

列車は人里離れた場所を上っていきます。
ここは中越信号場ですね。
DSC03261.jpg

続いて、道内JR最高地点の上越(かみこし)信号場です。
何故かこの信号場で、キハ54と交換しました!
DSC03263.jpg

営業列車ではないんですよね…どういう運用なんでしょう。
定期運用ならば、せっかくですから営業運転にすれば18きっぷ利用者は助かるんでしょうが。

列車に並行して旭川紋別自動車道の高架橋…こんなんできたら、余計列車の乗客減りますわな(苦笑)。
特急オホーツクも先が思いやられます。
そうでなくても、路線自体が老朽化していて、補修に●億円とかかかるんでしょうね。
当然ながらJR北海道単独ではやる気なし、と。

閑話休題。
列車は北見峠を越えて、オホーツク総合振興局管内に入ってきます。
白滝駅に停車、次の丸瀬布で上りの特急大雪2号と交換なのですが、この駅には運転停車のみ。
別の列車では客扱いもしているわけですから、ここも停車扱いでいいと思うんですけどね…。
DSC03264.jpg

などと言っているうちに約3時間半の旅はあっという間に過ぎ、遠軽駅に近づいてきました。
DSC03266.jpg
DSC03267.jpg

ホームに降りて、一目散に反対ホームに渡るべく、跨線橋を駆け上がります。
DSC_1286.jpg

せっかくですから、ちゃんとお見送りしませんと。
DSC_1283.jpg

列車の発車を見送り、しばし駅見学とします。
DSC_1292.jpg

今はなき名寄本線の案内も。
DSC_1295.jpg

こちらは旧遠軽機関区のターンテーブルです。
・・・去年もキロハ乗りに来た時に見たでしょ!ってセルフツッコミ。
DSC_1293.jpg

駅そばのスタンドですが、情報によれば令和入りしてから店主がお亡くなりになったとか…。
もう幻の駅そばになっちゃったんですね(合掌)。
DSC_1296.jpg

切符に無効印を押してもらい、ようやく改札を抜けます。
DSC_1297.jpg
DSC_1301.jpg

ここからは、いよいよ廃線ウォーキング…
今回は旧湧網線(もはや漢字が一発変換しません。)の佐呂間から常呂まで2日かけて歩く予定です。
ところが、遠軽から佐呂間までは土曜日の公共交通機関がありません。
平日であれば佐呂間町ふれあいバスが一日3便出ていて、遠軽で食事をしてから乗ると丁度いい感じの時間になるのですが、残念ながら運休ということで、遠軽駅前からタクシーに乗り、佐呂間町の中心部に向かいます。

遠軽から乗ったのは私と友人の2人ですが、隣の安国駅から2人増結(上り特快きたみで敢えて安国駅下車!)の上、佐呂間町に向かいました。
意外…と言えば意外、それなりに距離はあるのですが、4人乗車なので一人当たり2,000円強で目的地に到着しています。
都会で酔ってタクシーに乗ったら諭吉一枚くらい簡単に吹っ飛びますが(苦笑)。

鉄道コムバナー

オホーツク1号の前面展望です。(2)

本日は遅い夏休みとなりましたので、この時間に記事をアップしてみましょう。

さて、8/24(土)は、友人と特急オホーツク1号で遠軽に向かっております。
まずは札幌駅を出発しますと、留置線に入る789系ライラックのお見送りを受けます。
DSC03253.jpg

苗穂の踏切では、ブロ友ひげリーダー様のお見送りを受けて、それもご満悦。
早速こうなりました(笑)。
DSC_1271.jpg

やはり旅ですからね…この後20キロも歩くというのに元気です。

オホーツク1号は函館本線をどんどん北上していきます。
札タの辺りかな…?
DSC03256.jpg

なんたって前面展望の特等席ですからね、弁当もビールも進む進む(笑)。
DSC03257.jpg
DSC_1273.jpg

一応「自主規制」で、旭川までに飲み終えよう…なんて言ってましたが、結果はご覧の通り。
何のことはなく、買ってきたビールは全て飲み干してしまいました。
こんなんだったら、500ml缶買っておけば良かった(苦笑)。
DSC_1275.jpg

でも、旭川周辺は雨降りなんですね…ホントにこんな日に歩くのか(?!)
DSC_1280.jpg

続きます。

鉄道コムバナー

オホーツク1号の前面展望です。

今日は、旧友と旅に出ています。
遠軽まで、特急オホーツク1号の展望席17Aが取れました。
20190824073954d36.jpg


いやが応にも盛り上がります。
20190824074025ae7.jpg

201908240741516e6.jpg

201908240742107ed.jpg

もしかして代走?…7/15のスーパー北斗10号

またまたサボタージュを繰り返し、約3週間ぶりの投稿になります。
その間多少は活動をしていたのですが、如何せん●●連勤とかいう怒涛の労働強化旬間がありまして、とてもブログには手が回らず、というのが実態でありました。

で、ようやく夏休みらしい休みに入れたというわけですが、以下のような感じで細々と活動はしておりました。

7/16 根室本線の被災現場を見る
8/ 4  苗穂の朝練
8/11 苗穂の朝練(お盆の臨時列車など)
8/12 模型いじり
8/15 ご当地入場券集め+α
8/16 追分道の駅見学ツアー

これらの記事のアップがいつになるかはよく分かりませんが…(苦笑)。
え、意外に休んでいるのでは?…そうかもしれませんね。
そうかもしれませんが、まあ多忙だったということで。

で、早速7/16分からと思ったのですが、まずは7/15に見た光景から。
この日は、オホーツク2号を撮ろうと思い、11時前から苗穂にスタンバイしたのですが、常紋トンネルの中に迷い込んだシカさんのために55分遅れとなったオホーツクは撮れずじまい、旭川からのライラックと函館からのスーパー北斗を撮って退却しております。

この日最初に撮ったのは10時51分、キハ283系7連の特急列車でありました。
DSC03154.jpg

何とはなしに「ああ、特急列車だよね…」と思いましたが、この時間に釧路行のスーパーおおぞらは運転されていません。
釧路からのスーパーおおぞら2号が折り返し5号になる回送列車は、この後のすずらんとすれ違っています。
DSC03156.jpg

ということは、先ほどの列車、ビデオを見返しても回送列車の速度ではなく勢いよく走っていましたから、10時44分発のスーパー北斗10号の代走だったのかな、という結論に達したわけであります。
本来であればキハ261での運転ですから、手稲を出る時に何らかのトラブルが発生して、急遽車両を差し替えたのでしょうか…。
5分程度の遅れで札幌は発車したようですが、キハ283の性能を考えれば問題なく途中で挽回できますしね。

改めて動画を見返すとそんな記録が残されておりました。
7/15の活動記録はボツにするつもりで先に7/21の記録をアップしていたくらいなんですが、地味にイベント発生していた(らしい)ということで・・・。

鉄道コムバナー