FC2ブログ

現在時刻

乗降客数

カレンダー&カテゴリー


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

RSS

HOキハ82に室内灯を装着

前回の更新が3月15日、軽く2か月くらい経ってしまいました。

その間に、札沼線はさよなら列車が運行され、事実上の廃線(現時点では休止、廃止日は5月7日)になりました。
新型コロナウイルスが蔓延していなければ、今頃沿線は葬式鉄の皆さまであふれかえっていたことでしょう。

夕張はあまり記録していなかったこともあって、昨年の1~3月はそれこそ最終日まで見に行きました。
しかし、札沼線は何度も出かけていたこともありましたし、葬式鉄の皆さまのように「ありがと~~~」と、さして使ってもいなかったのに声を上げるのも「何だかなぁ」と天邪鬼な思いもあり、最初から2月に見に行ったので終わりにしておこうという状況でした。

閑話休題…で、巷間「ステイホーム」と言われておりましたので、模型いじりでもしようかと。
DSC_0136.jpg

あまたあるネタの中で、これにしてみました。
ボケていますが、室内灯を装着したキハ82-900です。
先ごろ、9両分の室内灯は確保したのですが、最初に2両ほどやって「意外に面倒くさい」。
ということで、しばらく放置していたものです。
昨日も中間車5両を施工したところですが、ジャンパー線やらなんやら複雑な先頭車キハ82は後回しになっていました。

ブログを休んでいる間、天賞堂のニセコ客車も室内灯を装備したのですが、そちらはビスを2本止めておしまいという簡単なものでしたが、カトーの室内灯は面倒でした・・・その面倒くささはこんなところに。
DSC_0143_20200504154714f21.jpg
DSC_0149.jpg

照明ユニットを組まなきゃならないんですよ…。
眼鏡屋さんに「そろそろ遠近両用のトシですからどうです?」なんて言われる身の上では、細かい作業がどんどん億劫になっておりますが、頑張って組み立てしました。
・・・にしても、床下と窓ガラスのはめ込みがカッチリしていて、車体を広げると壊れるんじゃないかとヒヤヒヤ。
まずは簡単、天井部分に白いテープを貼ります。
光を全体に行き渡らせるための作業ですね。
それと、透明の導光パーツはHOとNで共通なんですね…HOは2個使うところが違うというわけです。
DSC_0146.jpg

それが終わると、照明ユニットの組み立てです。
さすがに9個もやっていれば、最後のキハ82の2両分くらいはアッサリ終わりました。
最初は説明書を見ながらコワゴワやっていましたが(苦笑)。
DSC_0150.jpg

天井に照明ユニットと導光パーツを組みます。
電源は、床下から照明ユニットに至る柱状の金具です。
普通車は、まだ窓ガラスの桟が幅広ですが、キロ80とキハ82-900は幅が狭いので、ピンポイントで付ける必要があります。
DSC_0153_202005041547251a2.jpg

ボディと床下を接続するのですが、床下から立ち上がる金具をうまく照明ユニットの溝にはめるのがやや難しいです。
なんだってこんな面倒くさいやり方してるんだろ…。
必死に組み立てているので写真はありません…冒頭の写真を参考にしてください。

ついでに、キシ80の様子も一枚。
この食堂車で、もっと何度も北海道の雄大な景色を見ながらご飯食べたかった…。
DSC_0137_20200504154709cd1.jpg

あっ、片づけた後に、キハ82の客室ドア部分の仕切り板を一枚組みこむのを忘れてしまいました。
やっちまった…やり直しだ~~~orz

鉄道コムバナー

スポンサーサイト



コメント
1870: by 残念オヤジ on 2020/05/04 at 16:55:01

こんにちは、お元気そうですね。

コロナのおかげで、模型と家飲みの日々を送っております。

しかしまあ照明の組み込み、大変ですね❗️
ポン付けだったら、楽なのにね~。

取り付け、お疲れ様です。

1871:Re: タイトルなし by yocci2 on 2020/05/04 at 17:18:48

こんにちは。
おかげさまで、息災にしております。

> しかしまあ照明の組み込み、大変ですね❗️
> ポン付けだったら、楽なのにね~。

ホントにそうなんですよ。
せめて照明ユニットくらい組立済にしてもらえると助かるんですが…。
天賞堂の楽さからみたら、カトーはちょいと不親切であります。

点灯は確認しましたが、本線試運転はまだです。
今度機会があればご一緒しませんか?

1872:確かに手間取りますね。 by ひょうたん2号 on 2020/05/04 at 17:19:29 (コメント編集)

 こんにちは。当方もKATOの別製品にこの照明ユニットを取りつけましたが、結局他の室内灯に切り替えました。(配線が多少うるさくなってもまだマシに感じたからです。)

>ボディと床下を接続するのですが、床下から立ち上がる金具をうまく照明ユニットの溝にはめるのがやや難しいです。

 おっしゃる通りです。当方も最初はそれほど簡単にはめられませんでした。少ないLEDライトにて室内全体を照らす工夫でしょうが、導光パーツをHO・Nで共通化したかったものと思われます。この室内灯では配線を気にしなくてよいのですが、検索すればもう少し安価で入手できる商品もあるようです。(ハンダ付けおよび配線の作業が加わりますが、テープLED一択という意味ではありません。)

1873:Re: 確かに手間取りますね。 by yocci2 on 2020/05/04 at 18:35:12

こんにちは、コメントいただき、ありがとうございます。
室内灯も、結構数を要しますから、少しでも安くできればありがたいですよね。
LEDテープにコンデンサをはんだ付けして、銅テープで車輪から集電して…なんて記事がたくさん出てますし、
自分もマイクロエース製の789系ライラックには、そうした形で付けております。
半室のクロハも蛍光灯色と電球色と分けることができますしね。

純正品の良いところは、最初から自社製車両に組み込むために簡単に付けられるという点だと思うのですが、なかなかどうしてこのHO室内灯は面倒な造りになってますよね。
ご指摘の通り、NとHOの造りを共通化し、LEDを減らすという目的のためなのでしょうが、それにしてもNだと車端部から立ち上がる金具がHOでは車両中央部から立ち上がり、しかも照明ユニットにはめ込みやすいならともかく、斜めに差し込むとターゲットの金具に刺さらないという出来は、ちょっと如何なものかと言わざるを得ないですね。

▼このエントリーにコメントを残す