fc2ブログ

時計

乗降客数

カレンダー&カテゴリー


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

RSS

名寄本線跡をたどる

JR名寄本線は、国鉄からJR北海道に路線が継承された2年後の1989(平成元)年春に廃止となった路線です。
国鉄の第二次廃止対象路線の中では唯一の「本線」であり、道内の廃線における「長大四線」の一つでもあります。

11月上旬のある日、所用で名寄方面に出かけた際、少し大回りしてこの路線跡を巡りました。
名寄起点で、ほぼ中間点に位置する興部(おこっぺ)町に向かいました。
旧興部駅は町の中心部に位置し、現在は道の駅になっています。
DSC_0045.jpg

看板の右手にある道の駅には、旧名寄本線と興部駅から分岐していた興浜南線の存在を後世に残すべく資料室が設置されています。
DSC_0050.jpg

廃止前の興部駅の様子が写真で残されています。
こうしてみると、相当なフィーバーぶりだったようです。
DSC_0051.jpg

興部町内にあった三つの駅の模型もディスプレイされていました。
DSC_0052.jpg

レールの横の写真は、札幌まで直行していた急行紋別でしょう。
時間帯から言っても上り列車の写真ですね。
遠軽を早朝に出発して札幌にお昼に着き、夕方札幌を発って深夜に遠軽到着のダイヤでしたから、日帰りで札幌での用務をこなせました。
DSC_0053.jpg

こちらは興浜南線の資料で、路線図や切符が展示されています。
DSC_0049.jpg

道の駅の外には、キハ22を使った簡易宿泊施設がありますが、残念ながら既に冬支度済みでした。
DSC_0048.jpg

かつて学生時代に、道内の廃線巡りをしながら友人たちと一緒に泊まった思い出の施設でもあります。
夏の姿は、以下のURLをクリックしてみてください。
ルゴーサエクスプレス(おこっぺ町観光協会ホームページ)

興部から遠軽方向に向かった国道沿いには、まだ橋脚も残っていました。
藻興部川橋梁との銘板が残っています。
DSC_0040.jpg

天北線もそうですが、JR移行後の廃線は、意外に痕跡が残っているように感じます。
DSC_0038.jpg
DSC_0044.jpg
DSC_0042.jpg

夢中になって廃線をみていると、到底用務の時間に間に合わなくなりそうなので、とりあえず名寄方向に頭を向けました。

鉄道コムバナー

スポンサーサイト



コメント
1911:待ってました by ミスター54 on 2021/12/02 at 11:55:58 (コメント編集)

名寄本線、唯一の廃止対象本線でしたか。でもその後は日高本線も大部分が廃止になってしまいましたね。


> 急行紋別
> 遠軽を早朝に出発して札幌にお昼に着き、夕方札幌を発って深夜に遠軽到着のダイヤ

遠軽から一旦北へ向かうというと、少し不思議にも感じますが、おそらく石北本線の北見峠が開通する前は、
旭川→名寄→興部→遠軽→北見→網走
が道東へのルート(ほかに網走本線、後の池北線ルートもあります)だったので、その名残が運行形態に残っていたのかも知れません

道内の国鉄線はほとんど乗りましたが、興部-名寄は乗り残してしまったので、いまでも心残りです

これからもレポート楽しみにしています

1912: by 残念オヤジ on 2021/12/02 at 22:16:56

こんばんは。
廃線巡りも、楽しいものですね。

既に御存知かと思いますが、こんな事を初めて知りましたよ(笑)

名寄本線など、各廃止路線が現役だった時代の動画を見て驚いたんですが、網走発の大雪6号に乗り遅れた際、勇網線の中湧別行き最終列車932Dに乗り、中湧別から、名寄本線経由での1625Dに乗れば、遠軽に大雪到着の7分前に着くんですね。
遠軽で大雪に追い付き、乗れますわ(笑)

今じゃあ、こんな面白い乗り方?出来ませんね(笑)
・・・やってみたかった(笑)

1913:Re: 待ってました by yocci2 on 2021/12/02 at 22:17:31

ミスター54さん、コメントありがとうございます。
せっかくこの地にいますから…現役線よりも廃線の方が多い(苦笑)。

本文でも申し上げましたが、本当に廃線跡が良く残っている印象です。
名寄本線の前に興浜南線なのでしょうが、これはまだ課題として残っています。

国鉄末期は、朝に道内各地から札幌を目指し、夕方に道内各地に戻るというダイヤが結構あったように思います。
急行紋別は、併結相手の急行はぼろと共に、その代表格だったのではないでしょうか。
個人的には、下りの紋別(崩れ、興部から普通列車)も深夜の遠軽で札幌行の急行大雪(夜行)に接続し、翌朝札幌に着けるダイヤであったというのもツボでありました。

いずれにしましても、もう少し名寄本線のレポートは続きますので、楽しみにしていてくださいね!

1914:Re: タイトルなし by yocci2 on 2021/12/02 at 23:06:57

残念オヤジさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

まさにミスター54さんのコメントにお返事を書いている時にコメントいただいておりました。
ご指摘の1625Dこそ、札幌から名寄本線をやってきた急行紋別崩れの普通列車ですよね。
大昔、網走20時45分発の急行大雪(北見まで普通列車)に乗り遅れても、湧網線の最終に乗れば遠軽で追いつけるというのは、本で読んだことがありました。
今、手元にある1979(昭和54)年3月号の時刻表でも改めて見て、ニヤリとしております。

湧網線沿線の常呂辺りからでも翌朝札幌着が可能という、国鉄スジ屋さんの仕事ぶりを実感しているところです。
私も乗ってみたかったです(笑)。

▼このエントリーにコメントを残す